住まいづくり 2022-06

地震に強い住まいづくり

地震に強い住まいづくり

近年、各地で地震の被害が発生し、人々の地震に対する意識は年々変わってきているのではないでしょうか?

住まいづくりにおいて、毎日を安心して暮らせることはとても重要なポイント。

①地震に強いハウスメーカーを選ぶ。

地震に強いハウスメーカーかどうかを見極めるには、各社の「耐震性の種類」「耐震等級」「構造・工法」に注目して確認することがおすすめ。特に「耐震等級」」は住宅づくりがはじめての方でも参考にしやすいので要チェックです。メーカーによっては、壁の中にかくれてしまっている構造体をモデルハウスで実物大の展示をしているところもあるので、耐震性に関してもイメージしやすくなります。

②強い地盤を選ぶ

家自体の耐震性能はもちろん重要ですが、家の建っている地盤は同じくらいに重要です。
どれだけ丈夫な家になったとしても地盤がプリンのような軟らかさであれば、同じ地震の大きさでも揺れの大きさが変わり、様々な被害に繋がります。
また、住宅を建てる前の地盤調査も大切。地盤の状態によっては、地盤補強が大掛かりとなり、想定外の費用が必要な場合もありますので注意しましょう。

③地震に強い家のポイント

  • 家の形をシンプルに
    家の形を四角にすることで、地震に強くすることができます。
    逆に家が複雑な形をしていれば、それだけ地震の揺れに弱くなります。
  • 家の高さを低くする
    両手に長い棒と短い棒の二つを縦に持ち、横に振るところを想像してみてください。
    当然長い棒の方が大きく横に振れます。高層ビルと平屋でも同じで、少しでも低い家の方が揺れに対する影響は少なくなります。
  • 屋根を軽くする
    家の耐震工事では主に屋根の軽量化が行われています。
    それほど屋根を軽くする事は地震対策につながっているということです。
    屋根の素材に軽いものを使って屋根を軽くすることで、家の重心を低くすることができます。

 

金沢ハウジングセンターには耐震性の高い住まいづくりを考えている方に最適な総合住宅展示場です。
あなたのイメージ通りの住まいがきっと見つかる!まずはご来場予約からはじめてみませんか。

県庁東会場内の
モデルハウスを
見学予約する

野々市会場内の
モデルハウスを
見学予約する